ファスティング失敗談

ファスティングで得られる成果はかなり大きいですが、大きい分もちろん簡単な事ではありません。
他のダイエットに比べると期間は比較的に短いかもしれませんが、やはり継続する事が重要になってきます。
主に、失敗する方に多い事例をご紹介します。

ファスティングの失敗事例

① スケジュールを立てずに行う。

以前、他の記事でも紹介しましたがファスティングダイエットを行うに当たって一番重要なのはいつからいつまでの期間こなすというスケジュールです。
とりあえずやってみるという、行動の精神は素晴らしいのですがファスティングにおいてはかなりの確率で失敗します。
例えば「今日は仕事頑張ったからご褒美で明日から再開しよう」などの考えでしっかりと継続する事が難しいです。

② 準備期間を設けない

準備期間を設けずにファスティングダイエットを始めてしまい、体調を崩してしまったり、倦怠感を感じて途中で断念してしまうパターンもよくあります。
やはり、普通の摂っていた食事をほとんど無くさなければいけないので、身体がついてくるわけありません。
必ず準備期間を設け身体をファスティングダイエットに向けて慣らしていく必要があります。

③ 復食期間を設けない

準備期間を設けずに失敗するパターンも多いですが、復食期間というのもよく聞くファスティングダイエットの失敗事例です。
ファスティングダイエット自体はうまくいったのに、期間が終わったからといってその反動で食べてしまい、リバウンドや肌荒れを引き起こし実践する前より良くない事になってしまいます。
その為、必ず復食期間を設けその間は身体に優しい食事を摂る事が必要です。

④ 酵素ドリンク選びの失敗

現在、かなりの数の酵素ドリンクが発売されていますが、どれが良いのかは実際難しいです。
しかし、味が苦手でファスティングダイエット中にせっかく摂れる酵素ドリンクが不味かったり無味で気持ち悪いなどの理由で、空腹の我慢と味に対しての我慢をしなければならずに耐えられない意見もよく耳にします。
しかし、探せばいくらでもあるのです。
しっかりと風味のついたものも探せばいくらでもあります。
その中でもファスティングダイエット初心者の方におすすめがこちら。