赤ちゃんとお母さんに贈りたい 心温まるファーストプレゼント

58月 - による kuzawa - 0 - 出産祝い

「お誕生おめでとう!」まちにまった赤ちゃんが生まれた時、まわりのみんながあたたかい幸せな気持ちに包まれます。そして、毎日少しづつ、大きくなっていく赤ちゃんを見て、その生命力の強さに驚かされます。
そんな赤ちゃんとお母さんに贈る出産祝い。赤ちゃんの成長を願い、大役を果たしたお母さんの労をねぎらう心のこもったプレゼントを贈りたいですね。
そこで今回は、出産祝いの押さえておきたいマナーと、おすすめの出産祝いをご紹介します。プレゼント選びの参考になさってください。

 

 

出産祝いのマナー

出産祝いを贈る時期は、一般的に生後7日目のお七夜から、生後1ヶ月を目安に贈ります。
出産祝いを手渡しで贈る場合は、赤ちゃんとお母さんの体調が落ち着く生後3週間あたりがよいですが、伺ってよいかどうかあらかじめ確認しておくのがマナーです。
お母さんの体調がすぐれない場合は、出産祝いを配送したり、時期にかかわらずお母さんに会った時に渡すのも失礼にはあたらないので、状況に応じて判断しましょう。

 

 

金額の相場

兄弟や親戚、親しいお友達、付き合いの深い同僚の方は5千円〜1万円位となっていますが、相手の方との関係性やおつきあいの程度により金額は変わってきます。
また少し高額の贈り物をする場合は、何人かのお友達や同僚の方達といっしょに贈るといいですね。

 

 

赤ちゃんとお母さんに喜ばれる出産祝い

1.  赤ちゃんが大好きな絵本

赤ちゃんは絵本が大好き。成長に合わせて赤ちゃんが喜ぶ本を読んであげるのは、大人にとっても幸せな時間ですね。お好きな絵本を選んでプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんに初めて贈る絵本はこちらから

 

 

2.  素朴な木のおもちゃ

写真はイメージです

赤ちゃんの想像力を豊かにするシンプルな木のおもちゃは出産祝いに人気のプレゼントです。小さな赤ちゃんはおもちゃをなめて遊んだりするので、素材や塗装の安全なものを選んであげましょう。

安心の品質の木のおもちゃはこちらがおすすめ

 

 

3.  赤ちゃんの名前が入ったフォトフレーム

写真はイメージです

赤ちゃんのほほえましい写真を飾れるフォトフレーム。出産祝いとして定番の人気商品になっています。赤ちゃんの名前やメッセージを入れて贈ると、温かいお祝いの気持ちのこもったサプライズプレゼントになると同時に一生の記念になります。

名入れフォトフレームならかわいいチャームがポイントのこちらがおすすめ

 

 

4.  赤ちゃんがご機嫌になるバウンサー

ゆりかごと椅子の両方を兼ね備えたものです。赤ちゃんが動くと適度に揺れて、赤ちゃんはご機嫌になります。気持ちの良い揺れにそのまま寝入ってしまうことも。ママがどうしても手が離せない時にとても助かるので、嬉しいプレゼントになるでしょう。

バウンサーはいろいろ選べるこちらのサイトがオススメ

 

 

 

5.  チョッキ(ベスト)やスリーパー

チョッキは気温の変化に応じて、調節して脱ぎ着させれるので、夏の冷房対策や冬のお出かけなどにも重宝します。また、寒い時期は夜中に赤ちゃんが布団をはねのけて風邪をひかないかと心配になりますが、スリーパーを着せておけばその心配はなくなり、お母さんも赤ちゃんも朝までぐっすり眠れます。

チョッキやスリーパーは肌触りが柔らかいこちらがおすすめ

 

 

こうして赤ちゃんのプレゼントをいろいろ見ているだけで、とても幸せな気持ちになりますね。これも赤ちゃんからのプレゼントかもしれません。ぜひ、心温まる素敵なプレゼントを選んであげてくださいね。